株式会社 丸秀工機 パイプ切断機 PIPE COASTER(パイプコースター) 製造・販売

パイプのマーキング手法の比較

パイプへのマーキング手法について、渡辺さんに聞いてみよう。Youtubeにて動画も公開中!

切断博士
渡辺さん
調査員
丸秀くん

渡辺さん。渡辺さんがたまにプッシュしてくる「パイプコースター」について調べていたんですけど…

うんうん。今日はどんな質問かな?

オプションで搭載できる、「マーキング」って何ですか?なんのためにするのか、あとはマーキング手法がいろいろあるみたいなんですが…それぞれの違いがわからないです。

OK。順番に説明していこう。

 以下、渡辺談

まず、マーキングというのは、パイプ含め鋼材に線や文字、記号をつけることだよ。

それって何のために?

製品名の印字とかね。こんなパイプを見たことはないかい?

製品名印字パイプ

あ!確かにあります。じゃあ、線とか記号は?

線や〇などの記号は罫書(ケガキ)といって、切断後に部材同士を組み合わせたりするときの基準線になるよ。切断後の作業の効率化につながるんだ。

罫書パイプ

なるほど!

マーキング手法は、いろいろあってね…直接部材を削る方法から見ていこうか。

・スクラッチマーキング 一般的な罫書はこれに当たるよ。
・ドットマーキング  細かい点を打つことで線、文字、記号を表すよ。
・プラズママーキング プラズマの出力を切断しない程度に落として削っていく。
・レーザーマーキング 同じくレーザーの出力を落として削るんだ。
これらは、永久的な印字が可能だよ。

消えないようにしたいときはいいですね!あれ、でも部材を削らないようにする方法はないんですか?

あるよ!
・パウダーマーキング・・・専用の粉を乗せて、焼き付けるよ。
・インクジェットマーキング・・・部材に直接印刷するイメージだね。
上の4つに比べると、耐久性は低くなるかな。

「パイプコースター」で使用が可能なパウダーマーキング、インクジェットマーキング、レーザーマーキングについてはもう少し詳しく説明しようか。

印刷可印刷制度イニシャルコストランニングコスト
パウダー線、記号
インクジェット線、記号、文字
レーザー線、記号、文字

まず、パウダーマーキングだけど、これはK社やT社のガスを使用して専用の粉で焼き付ける方法だよ。そう簡単に取れたりはしないし、コストもかからない。文字は印刷できないけどね。

パウダーマーキング

専用の粉…って、なんの粉なんですか?

基本的には亜鉛の粉なんだけど…ステンレス鋼材には亜鉛の粉は使えないんだ。高温下で亜鉛とステンレスが接触してしまうと、亜鉛がステンレス内部に侵入して、脆化の原因になる。だから、もしステンレス鋼材にパウダーマーキングをしたい場合はガラスの粉を使用してね。

了解です!

次にインクジェットマーキング。これは、私たちが使うプリンターと一緒で、K社やH社が代表的。大きい文字を印刷したいときに便利だ。部材に合わせて色も選べるけど、当然インク代がかかるから、ランニングコストは最も高いかな。あとは、こすれたり消えたりしてしまうリスクがあるよ。

インクジェットマーキング

最後にレーザーマーキングだね。K社のレーザーシステムが有名どころだよ。これは、さっきも言ったようにレーザーで部材をキズつけるから、永久的なマーキングが可能だ。キズの深さを調節することで色も表現できるよ。印字精度は極めて高いんだけど、機械導入にはかなりコストがかかるね。。。

レーザーマーキング

以上がそれぞれのメリット・デメリットだよ。何を優先するかによって選ぶ手法が変わるね。

うーん、ちなみに、渡辺さんだったらどれを選びますか?

そうだね…「パイプコースター」という機械では、1つしか選べないから慎重になるね。僕だったら、文字は必要ないから、安価なパウダーマーキング一択だね。

また一つ知識が増えました!有難うございました~

Please share this post!!